借入れ希望額
借入れ目的
金利
ご職業
キーワード

初心者向けローン基礎知識

当サイトの情報は専門的で難しい内容が多いというメールをいただきましたので、今回は初心者向けにカードローン審査を基礎から解説します。

初期段階での審査(初期与信)でのポイントは主に2つあります。

1つ目は「身分などを偽っていないか確かめる本人確認」です。

2つ目は「安定した定期的な収入があり返済能力があるかどうか」ということになります。

では、一番目の本人確認から解説していきますね。

本題に入る前に、実際にあった事件について触れておきます。

それは「そっくりな双子」が引き起こした事件でした。

ブラックリスト登録された姉が、そっくりな妹の身分証を提示した、という事件が過去にあったのです。

今のようなWEB完結などでは見抜けないかもしれませんが、昔は窓口で対面審査していましたから、何か不自然さを感じた融資担当者が審査を否決。

融資を断り、事なきを得たそうです。過去にこうした事件があったので、今でも身分証などの確認は大切なのです。

それでは本人確認の「本題に」戻ります。

あなたが本人であるかどうかを確かめるには身分証明書の提出を求められます。

基本的に大手の消費者金融などでは顔写真の入っている「運転免許証」の提示が前提になっております。

もし、持っていない場合は健康保険証を提示することになります。プロミスではパスポートでもOKです。

運転免許証を提示する際の注意事項があるので、記載しておきますね。

それは以下の2つです。

交付年月日が審査申込の直前ではないか
再発行されたものではないか

なぜ、上記の2点を確認するのでしょうか?

それは偽造された身分証ではないか、という可能性があるからです。

免許証であれば免許番号の末尾がポイントです。

普通であれば「」になっているはずです。

この数字が「1」以上であれば、それが再発行の回数なのですね。

数字が大きくなればなるほど偽造の可能性の疑いが高くなります。

また偽造をしていなくても、紛失を何度もしているだらしないルーズな人間と判断され、審査には不利になるでしょう。

では、健康保険証ではどこを重点的に確認されるのでしょうか?

会社発行の健康保険証であれば記号と会社名が確認されます。この記号は会社ごとに数字が割り振られており、職場が同じ人とは、同じ数字です。

国民健康保険証であれば資格取得年月日と居住年月日の整合性を問われます。

それから初心者の人によくある質問ですが、「電話」についてです。

「携帯電話だけだと審査に通りませんか?」とか「固定電話は必要ですか?」などです。

結論から言うと、今の時代、固定電話はなくても審査には通ります。大丈夫です。

もちろん、固定電話が家にあれば、それは良いことです。ですが、それだけで審査に通るわけではありません。

むしろ気を付けて欲しいのは「プリペイド式の携帯電話」です。これは怪しまれるので審査では使わない方がベターです。

それでは最後にキャッシング審査の「流れ」をご説明しておきます。

①スマホなどからネットでお申込

②一次審査(ここで個人信用情報や他社借入などがチェックされます)

③メールか電話で審査結果があなたに伝えられます

④身分証明書を画像でアップロードするかFAXで送ります

⑤二次審査後、カードローン契約が完了します

⑥その後、早ければ1時間以内には融資が受けられます(銀行口座への振込み、または無人契約機でカード発行後、ATMから自分で現金を引き出します)

以上の流れとなります。

最近の消費者金融のカードローン審査は非常にスピーディーで簡易的になっています。

プロミスではWEB完結ですし、郵送物も送られて来ません。カードレスも導入していますのですべてがスマホ1台で完結できます。

また24時間、何時でもお金を借りることが可能です。(三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がある場合)

昔では考えられないサービスですよね。

本当に今の時代はお金が借りやすい環境になったものです。ご参考までに!

関連記事一覧